キーワードとの関連性

◎キーワードとの「関連性」も検索順位に反映
ユーザーが入力した検索キーワードに対して、どれだ け関連性が深い情報を公開しているかが大事です。ロポット型検索エンジンは、入力されたキーワードが含まれたページを抽出します。ですが、そのまま検索結果と してリストを表示すると、本当にユーザーが求めている情報が表示されない可能性があります。 例えば、バックの情報を扱ったページのトップに、たまたま「古本」という言葉があったとしましょう。当然、このページは「古本」 で検索した場合にもリストアップされます。ですが実際は、バックが テーマのページなので、ユーザーが求める情報とはかけ離れているわけで す。にもかかわらず、このページが検索順位の I番目に表示されていた ら、ユーザーはこの検索エンジンは駄目だなと疑うに違いありません。 そこで検索エンジンは、ページ内の文章を解析する際に、「入力され たキーワードがページにとってどれほど重要なのかどうかを割り出すようにしています。

検索アルゴリズムの判断基準は「キーワードが書かれている頻度と場所』や、「複数のキーワードが書かれている場合のキーワードの距離」などです。色々な条件から、ユーザーが求めている情報が得られるページかを判断し、順位に反映します。 よく考えてみれば、ホームページの題材にマッチしたキーワードを特定し、そのキーワードをページ内に適切に配置しておけば、SEO内部対策となり検索上位 に入る可能性が高まるということでもあります。