アルゴリズムのアップデート

これまでもグーグルのアルゴリズムは、画期的なアップデートがなされてきました。その一つがパンダ・アップデートです。パンダ・アップデートによって、質の低いコンテンツは、検索結果画面に表示されにくくなりました。これは、不自然なサイト制作を続けているファーム自体を排除するためのもので、大きな効果が得られました。しかしパンダ・アップデートにも陥穽が存在します。1度低質と判断されたサイトは、全てのページが排除対象となってしまう点です。つまり、部分的に良質な記事が存在しても、評価の対象外となってしまうのです。

 パンダ・アップデートと並んで名高いのが、ペンギン・アップデートです。ペンギン・アップデートの長所は、スパムに効果的である点です。ガイドラインを遵守させることを目的として開発されたため、多くの低質なサイトが検索結果から消失しました。例えばキーワードが不自然に詰め込まれたサイトや、コンテンツが量産されている環境に対して、制裁が加えられることになります。

 そもそもスパムとしてのSEOは、グーグルにとって不俱戴天の敵でした。これらのアップデートによって、悪質なSEOは駆逐されてきたのです。ですから最近のSEOはガイドラインの遵守に励んでいるのが特徴です。グーグルに嫌われてインデックスされなければ、そのサイトの認知度は極端に下がってしまいます。逆にガイドラインさえ守れば、内部対策や外部対策に及んでも、許容される可能性は高くなります。因みにガイドラインの違反例としては、コンテンツの量産、隠しテキスト、不自然なリダイレクト、クローキング、クエリの大量送信等が挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です