キーワードツールの活用

Baiduのキーワードツールを活用すると、キーワードの検索数、競合性、ピーク(そのキーワードの検索数がもっとも多い月)を調べることができます。

ただし、Baidu検索連動型広告のアカウントを聞いた後でないと利用できないため、アカウントがない状態でリサーチしたい場合は、GoogleAdWordsキーワードツール、または「Baidu指数」で代用します。

Google AdWordsキーワードツール

日本語のインターフェースでそのまま使えるので、地域を中園、言語を中国語(簡体字)に設定してください。ただ、中国ではGoogleのシェアが低いため、あくまで参考データとしての利用をおすすめします。

Baidu指数の利用

Googleでいうところの「Googleトレンド」です。具体的な検索数は表示されませんが、今どのようなキーワードが人気があるか、そのキーワードがどの時期に検索数が多くなるかなどの情報が把握できます。関連性の高いキーワード、地域ごとの検索トレンド、そして性別、年齢、学歴、職歴などのユーザーの属性データも分析できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です