ページアップロード

ホームページ作成が終了したら、関連ファイルのすべてをサーバーにアップロードしましょう。その際に必要となって来るのが「FTP」と言えるでしょう。「FTP」というのは、FTPサーバーとのデータ送受信を行うためのIP、TCPの代表的なものの一つであると言えるでしょう。ネットワーク上にあるコンピュータからウェブページをウェブサーバーにアップロードするために利用されるのが「FTP」と言えるでしょう。FTPを利用したファイル転送は、GUI操作が出来るFTPソフトを使うか、端末よりFTPコマンドを使う、またはHTMLエディタにあるFTPソフトを使うかという方法があると言えるでしょう。ウェブサイトに関連するファイル転送をFTPによって行う場合には、ウェブサーバー上でも、自身のハードディスクの中にあるローカルファイルと同じディレクトリ構造を構成するようにしましょう。ウェブサーバーのディレクトリ構造については、小規模な企業や個人がプロバイダを使用する際、サイトURLは「^」という表記の後「ユーザー名」が付随するというもので、ユーザー専用のディレクトリというのをウェブサーバー内で表していると言えるでしょう。ディレクトリの指定は「絶対パス指定」、「相対パス指定」の2種類があるとされており、仮に、imagesというディレクトリが、user1というディレクトリにあるとする場合を想定してみましょう。user1ディレクトリ内の「index.htmlファイル」からimagesディレクトリ内にある「img2.jpg」というファイルを指定したい場合、絶対パス指定では「/home/usr1/publichtml/images/img2.jpg」相対パス指定では「images/img2.jpg」というように表示することになるでしょう。HTMLファイルにおけるパス指定というのは、ローカルでもウェブサーバーでも同じファイルを指定することを可能にするため、必ず相対パス指定で行うことになっているとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です