リアルマーケティング

マーケティングやSEO対策などに基づいて、日々、顧客心理などについて考えを巡らせていると、サービス業などで、常にお客様と対面をして、直接接客を行うような事業者たちには、たくさんの重要な顧客データがインプットされているのだろうなぁと感心してしまう事があります。マーケティングやSEO対策の戦略を練る中で、お客様の心理や行動パターンを読み解く事は、とても重要な事なのですが、机上の空論では、「リアル」さに欠ける事も多く、戦略の的の絞り込みであっても、その的を外してしまう現実が多くあります。毎日の中で、日々、直接お客様と接しながら、商品やサービスの提供を行う事業者たちには、お客様がどんな面持ちで、入店し、どのような言葉に反応し、どのようなリアクションとともに商品を購入したのかが一目瞭然であるのですから、そのデーター量と質に関しては、勝るものが無いのではないかと思われます。マーケティングやSEO対策の中では、実際のお客様とは、直接対面せずに、その動向を伺いながら、データや数字と格闘する事になるのですから、なんとなく「リアル」さに欠け、人間味を感じない作業であるなぁと、しみじみ考えてしまう事もあります。それでも、マーケティングやSEO対策の向こう側には、商品やサービスに一喜一憂するお客様がいるのだと、自分に言い聞かせながら、日々作業を行っています。接客をしながら、その場で商品やサービスを提供する人々は、ライブ活動として、お客様に関するマーケティングやら、お客様に反響するキーワード探しながら接客をしているのですから、そのテクニックや瞬発力には頭が下がるばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です