理想的なdescription (スニペッ ト)の付け方

●複数ページで同じ記述をしない
title と同様、ページ毎に意味があ って分かれていますので、同じ記述があることは不自然、なことです。そのため、ページ毎に異なる記述をしましょう。もしも他のページと同じ記述を行った場合、 Google からの指摘を受け
てしまうこととなります。

●コンテンツ内容をコピー&ペーストしない
そもそも、 description はコンテン ツの内容を要約したものであるため、コンテンツを明解にまとめたものでなくてはいけません。逆に、コンテンツ内部に書かれていないことを記述することもご法度です。整合性が保てるよう、コンテンツを記述した後に、そこから抜粋して記述する方法がおすすめです。

●過剰にキーワードを埋め込まない
検索キーワードを記述すると、太文字で目立つことから、多数の同じキーワー ドを使用している We bページを見かける こともありますが、多く詰め込み過ぎると、不自然、なスニペッ トとなりますので、最大でも 2個にとどめておきましょう 。
●クリック率を高めるためには
可能ならば、「30 %OFF」などの具体的な数字を入れると目を引くため、クリック率 (CTR)に好影響を与える司 能性があります。順位では負けていても 、コンパージョン率で勝る結果となることも 十分ありえます。

●記述をモバイルに合わせる
今後の検索市場も 、モパイルが主となる可能性が高いと予想されます。titleも含め、モパイルファーストを意識した記述を心掛けることが重要です。伝えたいことを 50文字以内で表現する努力が必要です。

●文字は 80-110 文字を目安に
PC においても省略されることがないように、最大 110文字を目途にして記述することが重要です。短すぎても長すぎても、 Google Search Console にて警告を受けることとなります。 そのため、 80~110 文字に調整しましょう 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です