責任分担や概略スケジュールの明確化

プロジェクト提案書に必須となる人的資源計画書に挙げるべき項目としては、人的リソースの役割と責任分担、当該プロジェクトに対応した組織図や要員マネジメント計画書など。

この時に役立つのが責任分担チャートと呼ばれるもので、具体的に当該プロジェクトでは、誰がどのような役割を担っていくものかビジュアル的に表すための表。表中の横軸にメンバーなど具体的な人を、縦軸にはある程度まとまった作業(例えば画像加工、ロゴ制作等)を記載し、それぞれの交差枠に分担する責任(実行、説明、協議対応、情報提供)を書き入れていくもの。

このような表を作っておくことで各人の責任が明確化し作業もスムーズにいくとされています。一方要員マネジメント計画書では時系列の内容を盛り込んでいきます。例えば、要員の調達と解任、研修の必要性、法令関係で必要となる事項などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です