GoogleAdWords

リステイング広告を初めて使う人には、 GoogleAdWordsが おすすめです 。広告を表示したいターゲッ卜を絞り込むことができ、 クリ ックされた分だけ広告費が発生するため、うまく使えば無駄なコ ストを減らすことができます。広告主のための使い勝手のよいツール も多数用意されているので、自分の事業内容の関連キーワー ドについ ての詳細や、広告単価を把握して広告を出すことができます。

Google AdWords と 共 に 、 Yahoo!リ ス テ イ ン グ 広 告 が 提 供 す る スポンサー ドサーチも利用しましょう 。Googleと Yahoo!JAPAN では、 検索エンジンを利用するユーザーの特徴が異なるので、費用対 効果が大きく変化する可能性があります。スポンサードサーチに広告 を出す仕組みは、 GoogleAdWordsと似ています。

キーワードのチェックは慎重に

1クリ ックあたりの単価は、 一般的に入札によって決められます。 あるキーワードに対して、複数の広告主が広告を表示させたいと考えた場合、 1ク リックにいくらまで支払ってもよいかという入札によっ て、表示の有無・順位が決まります。人気が高く、ライバルの多いキー ワー ドで検索されたときに広告を表示するには、 1クリックごとの入 札単価を高く設定する必要があり、その分 コストがかかります 。ライ バルの少ないキーワー ドの場合は、入札単価が安くなります。

また、キーワー ドを複数指定することで、クりック単価を抑えること ができます。例えば、「ケーキ」と検索されたときは広告を表示せず、 「ケ ー キ お 取 り 寄 せ チ ョ コ レ ー ト J」で 検 索 さ れ た と き に の み 、 広 告を表示します。キーワ ドが増えるので、単価が安く済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です