id属性

ホームページ作成において、HTMLでの記述は必要不可欠であると言えるでしょう。しかし、現代では多くのソーシャルメディアの発達により、専門的な知識を持ち合わせていなくてもホームページの作成は可能と言えるでしょう。趣味やサークルといった個人的なページ作成においてはそう言ったものを有効活用するべきと言えますが、企業や会社のホームページがそう言ったものだけというのは信用にも関わってきてしまうと言えるでしょう。HTMLでの記述にはタグと呼ばれるものがあり、さまざまなタグを利用して名前や属性を振り分けながらページを構築していくことになるでしょう。構築していく際にはid属性を使って名前をつけていくのが一般的と言えるでしょう。例えば、という記述では タグに対して「wrapper」という名前のidを割り当てているということになるでしょう。タグというのは、とても頻繁に使用されるタグと言われていますので、その都度で適切と思われる名前を割り当てておかなければ、後でどのタグがページのどこの部分に対応しているかと言ったことが分からなくなってしまう危険性があると言えるでしょう。どう言った目的でタグを使用したかと言ったことがわかるような名前をつけておくことが重要でしょう。例では「ページ全体を囲む」と言った目的で記述したタグなので、ラッパー(wrapper) というidが付いているというように、構文的にわかり易ければどのような名前をつけても問題ないと言えるでしょう。第一に気をつけることとして、意味を明確にして名前をつけるということを念頭に置いておくべきと言えるでしょう。名前を付けたidは、HTMLとスタイルシート(CSS)を関連付けたいときに重要な役割を持つ可能性があるため、慎重に名前をつけていくことを心がけると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です